2018年9月26日(水)

9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  4. 4位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
  5. 5位: 東証後場寄り 上げ幅拡大、2万4000円に接近 上海株高も追い風
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、米政権の先行き不安が重荷

2018/3/14 9:32
保存
共有
印刷
その他

 14日朝の東京株式市場で日経平均株価は反落している。前日比203円安の2万1764円で始まり、その後も安い水準となっている。トランプ米大統領が13日、レックス・ティラーソン国務長官を解任すると発表し、米国の政権運営の先行き不安が相場の重荷になっている。

 13日の米ダウ工業株30種平均は171ドル安となり、東京市場でも投資家心理が悪化している。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下落している。

 国内では、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換え問題を巡り、麻生太郎財務相の進退をめぐる対立が厳しくなっている。株式市場では「日米で政治リスクが意識され、買い手控えにつながっている」(国内証券ストラテジスト)との声があった。このため日本株の商いは細っている。

 14日発表の1月の機械受注統計で、民間企業の設備投資の先行きを示す「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比8.2%増だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値(6.6%増)を上回ったが、機械株は下落して始まっている。機械受注の増加を材料とした買いは目立っていない。

 13日に米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が下落し、信越化東エレクなどハイテク株が安い。三菱UFJ富士通も下落している。半面、明治HDが上げた。2019年1月期に増益を見込む丹青社は買われている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム