2018年6月21日(木)

6/21 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ソフトバンク株主総会 孫氏「ユニコーン投資で成長」[有料会員限定]
  2. 2位: 「上方修正期待」に暗雲 株、強気銘柄に売り圧力[有料会員限定]
  3. 3位: MRJ消えた4000億円 三菱重工、損失なしで資産減額[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 反発、アジア株高を好感 米中貿易摩擦の警戒は根強く
  5. 5位: GE、ダウ平均から除外 ドラッグストア大手と交代へ
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,605,216億円
  • 東証2部 100,052億円
  • ジャスダック 109,480億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.69倍15.12倍
株式益回り6.80%6.61%
配当利回り1.62% 1.66%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,555.43 +276.95
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,480 +300

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、米政権の先行き不安が重荷

2018/3/14 9:32
保存
共有
印刷
その他

 14日朝の東京株式市場で日経平均株価は反落している。前日比203円安の2万1764円で始まり、その後も安い水準となっている。トランプ米大統領が13日、レックス・ティラーソン国務長官を解任すると発表し、米国の政権運営の先行き不安が相場の重荷になっている。

 13日の米ダウ工業株30種平均は171ドル安となり、東京市場でも投資家心理が悪化している。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下落している。

 国内では、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換え問題を巡り、麻生太郎財務相の進退をめぐる対立が厳しくなっている。株式市場では「日米で政治リスクが意識され、買い手控えにつながっている」(国内証券ストラテジスト)との声があった。このため日本株の商いは細っている。

 14日発表の1月の機械受注統計で、民間企業の設備投資の先行きを示す「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比8.2%増だった。QUICKがまとめた民間予測の中央値(6.6%増)を上回ったが、機械株は下落して始まっている。機械受注の増加を材料とした買いは目立っていない。

 13日に米フィラデルフィア半導体株指数(SOX)が下落し、信越化東エレクなどハイテク株が安い。三菱UFJ富士通も下落している。半面、明治HDが上げた。2019年1月期に増益を見込む丹青社は買われている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム