2018年1月21日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 7,087,821億円
  • 東証2部 106,356億円
  • ジャスダック 119,982億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.47倍 --
株価収益率19.25倍17.51倍
株式益回り5.19%5.70%
配当利回り1.37% 1.45%
株式市場データ

最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 23,808.06 +44.69
日経平均先物(円)
大取,18/03月
23,800 +30

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 大幅反発、2カ月ぶりに2万3000円上回る

2018/1/4 9:33
保存
共有
印刷
その他

 2018年の大発会である4日朝の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反発している。前営業日比308円高の2万3073円で始まり、その後485円高の2万3250円まで上昇した。日本が年末年始の休暇中だった3日までに米国など海外の株価が上昇し、4日の東京市場でも投資家心理が改善して買いが先行している。

一時400円超上げ、2万3200円台で推移する日経平均株価(4日午前、東証)

一時400円超上げ、2万3200円台で推移する日経平均株価(4日午前、東証)

 3日発表の米サプライマネジメント協会(ISM)の17年12月の製造業景況感指数が改善するなど、世界的な景気拡大への期待が世界的な株高につながっている。北朝鮮を巡る地政学的リスクはくすぶるが、「米朝が北京で極秘協議」との一部報道もあるなど対話ムードも浮上しており、警戒感は和らいでいる。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発している。

 原油価格の上昇で、業種別では石油や鉱業の上昇が目立つ。JXTGと国際石開帝石が昨年来高値を更新した。米国市場で半導体株が上昇し、4日の東京市場では東エレク信越化といった関連株にも買いが及んでいる。ソニー京セラも高い。一方、2017年4~12月期の増益率の伸びが鈍化すると伝わった大東建が安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

新着記事一覧

読まれたコラム