2018年7月18日(水)

7/18 13:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 本田圭佑氏「金融の慣習にとらわれないファンドに」[有料会員限定]
  2. 2位: 米メディアに「トランプ」リスク[有料会員限定]
  3. 3位: 円独歩安113円台 関心は再び金利差に[有料会員限定]
  4. 4位: ABCマート、脱スニーカーで目指す成長復活[有料会員限定]
  5. 5位: サッカーの本田選手がVBファンド設立、米俳優W・スミス氏と110億円規模[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,572,868億円
  • 東証2部 98,688億円
  • ジャスダック 103,495億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.32倍 --
株価収益率14.59倍15.05倍
株式益回り6.84%6.64%
配当利回り1.66% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,841.05 +143.69
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,810 +90

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続落 ハイテク株に売り トヨタと提携のマツダが上昇

2017/8/4 9:29
保存
共有
印刷
その他

 4日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日に比べ70円ほど安い1万9960円近辺で推移している。3日の米市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数や半導体株指数(SOX)が続落し、半導体関連株やハイテク株に売りが出ている。一方、トヨタと資本提携すると伝わったマツダは5%高。JPX日経インデックス400は反落、東証株価指数(TOPIX)は続落している。

 朝方の外国為替市場で円相場は1ドル=109円台後半と、1カ月半ぶりの高値を付け、投資家心理の悪化につながった。米国の長期金利低下を受け保険株も安い。

 市場では「米雇用統計の発表を今夜に控え、下げた局面でも押し目買いが入りにくい」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)との指摘があった。

 前日に通期業績見通しを上方修正したキリンHDが安い。減益決算を発表したコンコルディも安い。日東電住友商など、好業績で買われた銘柄がきょうは下げている。きょう決算発表を控えた菱地所が年初来安値を付けた。一方、スズキが大幅増益の決算発表を受けて大幅高。クボタや武田が年初来高値を更新した。通期業績予想を引き上げたアサヒも高い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム