時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,921,476億円
  • 東証2部 67,671億円
  • ジャスダック 90,263億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.66倍20.61倍
株式益回り5.35%4.85%
配当利回り2.09% 1.62%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,306.48 +160.52
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,280 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 小幅続伸、米株高で買い安心感

2017/10/4 9:29
保存
共有
印刷
その他

4日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸して始まった。一時は前日比55円ほど高い2万0669円まで上昇した。3日の米株式相場が最高値を更新したのを好感し、買いが先行した。ただ、日経平均は前日に年初来高値を更新しており、これまで上昇していた主力銘柄に利益確定売りの動きが出やすく、全体に上値は重い。

日経平均はアベノミクス相場が始まって以来の高値に近づいており、「下値で買っていた投資家が利益確定売りを出しやすい水準になっている」(国内証券のアナリスト)との見方が出ていた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小動き。

グループで有機EL国内初の量産が伝わったJディスプレが買われている。9月の米新車販売台数が堅調で、トヨタが高い。日写印も上昇している。ファナックが高い。

半面、京セラ東エレクが下落している。リクルートも安い。スタートトゥは売られている。青森銀が安く、前日に年初来高値を更新したキーエンスが下げている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム