時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、一時150円超安 前日大幅高で利益確定売り

2020/7/14 9:35
保存
共有
印刷
その他

14日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ110円ほど安い2万2600円台半ばで推移している。寄り付き直後に下げ幅は一時150円を超えた。前日に急伸した反動や米国での新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒し、利益をいったん確定させようとする短期勢の売りが先行している。業種では水産や空運、海運などが安い。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落している。

前日の米株式市場で、ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数が2%安となった。主要の半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)も1.7%下落し、東京市場でも東エレクスクリンなど半導体関連株の下落が目立つ。

米カリフォルニア州は13日、新型コロナ感染の再拡大を受けレストランの屋内営業禁止などを決定した。国内外における感染拡大への懸念が再び投資家心理の重荷となっている。

個別ではファストリエムスリーリクルートが売られている。「英アームの売却検討」と伝わったソフトバンクグループ(SBG)も安い。一方、塩野義日産化住友鉱は高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム