時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,369,775億円
  • 東証2部 55,936億円
  • ジャスダック 75,373億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.01倍 --
株価収益率12.77倍13.96倍
株式益回り7.82%7.16%
配当利回り2.35% 2.35%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 18,065.41 -851.60
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
18,080 -630

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、下げ幅200円超す 円高で海外勢が先物売り

2020/1/23 9:23
保存
共有
印刷
その他

23日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落し、前日に比べ200円ほど安い2万3800円台前半で推移している。外国為替市場で円相場が1ドル=109円台後半と円高・ドル安が進行したことを背景に、海外投資家が株価指数先物に売りを出して日本株相場を押し下げた。新型肺炎の感染拡大も懸念され、目先の利益を確定する目的の売りも先行している。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落して始まった。業種別TOPIXはその他金融業を除く32業種が下落し、鉱業や海運業、非鉄金属などの下げが目立っている。

中国・武漢市は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現地時間23日午前10時(日本時間午前11時)から公共交通機関の運行を一時停止すると発表した。市場では「日本は新型肺炎の感染源の中国に近く、感染拡大による景気悪化リスクが意識されている」(国内証券の投資情報担当者)との見方が出ている。

ファストリファナックソフトバンクグループ(SBG)が下落。郵船国際石開帝石昭電工が安い。半面、アドテストスクリンは上昇。高島屋エーザイNTTドコモが高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム