2019年9月19日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,120,550億円
  • 東証2部 68,153億円
  • ジャスダック 89,382億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率14.22倍14.05倍
株式益回り7.03%7.11%
配当利回り2.04% 2.05%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,183.53 +222.82
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,020 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「FOMC解説」[映像あり]

三菱UFJ銀行 鈴木 敏之

9月19日(木)08:30

崔真淑のサイ視点「粉飾決算を見抜く3つの作法」[映像あり]

GOB Incubation Partners CFO 村上 茂久

9月18日(水)14:19

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落後、上昇に転じる 米景気の不透明感が重荷

2019/8/23 9:28
保存
共有
印刷
その他

23日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落して始まり、その後上昇に転じた。前日に比べ10円ほど高い2万0600円台前半で推移している。22日発表の米経済指標が低調な内容となり、朝方は売りが先行した。ただ、米ワイオミング州で開く国際経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を前に、持ち高を一方向に傾ける投資家は少なく、売り一巡後は一部主力株を中心に買いも入っている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反落して始まり、上げに転じた。

IHSマークイットが22日に発表した8月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.9と、ほぼ10年ぶりに好不況の境目とされる50を下回った。世界景気への先行き不透明感は根強く、上値を追う動きは限られている。

信越化資生堂が高い。第一生命やT&Dなど保険株の上げも目立つ。ソニー三菱電ダイキンが買われ、SUBARUマツダが上昇した。一方、村田製HOYAが安い。NTT第一三共が下落し、関西電住友不が売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。