9/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  2. 2位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 米住宅市場はバブルか(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,254.15 +166.33
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,070 +150

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、2万3000円台乗せで一時400円超高 ワクチン普及期待

2020/8/13 9:29
保存
共有
印刷
その他

13日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ370円ほど高い2万3200円台前半で推移している。トランプ米大統領はバイオ製薬のモデルナと1億本のワクチン購入の契約を交わしたと発表した。ワクチンの普及による経済活動の正常化への期待感から買いが先行している。上げ幅は一時400円を超えた。

日経平均は6月9日の日中高値(2万3185円85銭)を上回り、取引時間中として2月21日(2万3588円55銭)以来およそ半年ぶりの高値を付けた。

外国為替市場で円相場が1ドル=106円台後半と円安・ドル高に振れていることも支援材料だ。

12日の米国市場では機関投資家が運用の指標とするS&P500種株価指数が一時、過去最高値を上回る場面があった。フィラデルフィア半導体株指数は大幅に上昇し過去最高値を更新。東エレクアドテストなど半導体関連株への買いを誘い、日経平均を押し上げている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸している。業種別のTOPIXはほぼ全面高。精密機器のほか、空運、鉱業の上昇が目立つ。

スズキファナックオリンパスが買われている。ソニーテルモソフトバンクグループ(SBG)も高い。半面、NTT資生堂日本郵政などは逆行安。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム