時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,908,297億円
  • 東証2部 67,233億円
  • ジャスダック 93,868億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.17倍 --
株価収益率18.60倍22.14倍
株式益回り5.37%4.51%
配当利回り2.10% 1.83%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,329.94 -88.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,340 -50

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、強い米雇用統計を好感 先行きに警戒も

2020/7/3 9:28
保存
共有
印刷
その他

3日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ110円ほど高い2万2200円台半ばで推移している。2日に発表された6月の米雇用統計が市場予想を上回る強い改善を示したことを好感し、米主要株価指数が上昇した。その流れを引き継ぎ、日本株にも買いが先行している。もっとも、新型コロナウイルスの感染「第2波」への懸念から先行きを警戒する見方も多く、寄り付き後の上値は重い。

1日に確認された全米の新型コロナの新規感染者数は5万人を超え、過去最高を更新した。2日発表の米新規失業保険申請件数は市場予想を上回り、高水準が続いている。「『第2波』による先行きの雇用悪化が懸念される」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チーフ投資ストラテジスト)との見方から、上値を追う動きは限られている。

日本でも、2日に東京都で確認された新型コロナの新規感染者数は107人と、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。菅義偉官房長官は「直ちに緊急事態宣言を出す状況には該当しない」としているが、経済活動の再停滞を懸念する声も市場では多い。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸。業種別TOPIXは保険、鉄鋼、非鉄などが上昇している。

SOMPOデンソーHOYAが買われている。三菱ケミHD任天堂村田製も上昇。半面、ANAHD中外薬キリンHDは安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム