7/10 0:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,944,672億円
  • 東証2部 68,295億円
  • ジャスダック 91,737億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.73倍20.18倍
株式益回り5.33%4.95%
配当利回り2.08% 1.70%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,529.29 +90.64
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,480 +110

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 大幅続伸、上げ幅500円に迫る 欧米株高でリスク許容度改善

2020/6/3 9:27
保存
共有
印刷
その他

3日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸し、前日に比べ450円ほど高い2万2700円台後半で推移している。各国の都市封鎖(ロックダウン)の解除を受け、新型コロナウイルスの感染拡大で制限されていた経済活動が再開することへの期待感から短期筋による買いが続いている。前日の欧米株式相場の上昇で投資心理が改善したことも下支えした。一時、上げ幅は500円に迫った。

2日の米ダウ工業株30種平均は3カ月ぶりの高値まで上昇。ドイツ株式市場(DAX)も前営業日比で4%近く上昇するなど、前日は欧米で株高が進んだ。相場上昇を受けてリスク許容度が増した。米トランプ大統領が週内にも大統領顧問と次の経済救済策の検討を始めるとの一部報道も支援材料になっている。

円相場が下落し、1ドル=108円台後半と約2カ月ぶりの円安水準で推移しており、輸出関連銘柄への買い安心感につながっている。米国の主な半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が2日に2%超上昇したことで、半導体株への買いも入っている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

取引時間前に2021年3月期の連結最終利益を上方修正したT&DHDが大幅高。日精工ミネベアジェイテクトが高く、マツダ日産自三菱自も上げている。一方、大ガスが下落。味の素ニチレイも下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム