2019年8月22日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,725,556億円
  • 東証2部 67,880億円
  • ジャスダック 86,597億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.11倍 --
株価収益率13.32倍13.15倍
株式益回り7.50%7.60%
配当利回り2.14% 2.15%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,618.57 -58.65
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,570 -90

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落、一時100円超下落 米株安を嫌気、選挙は「予想通り」

2019/7/22 9:27
保存
共有
印刷
その他

22日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落して始まった。一時2万1300円台前半と前週末からの下げ幅は100円を超えた。大幅な米利下げ観測の後退が嫌気され、19日の米株式相場が下落。日経平均が大幅高となった反動もあって目先の利益確定を目的とした売りが出た。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も安い。

米紙報道を受けて大幅な米利下げ観測が後退し、19日の米ダウ工業株30種平均は反落した。19日にはイランが英タンカーを拿捕(だほ)したほか、香港では「逃亡犯条例」改正案に反対する大規模デモが再び激化するなど地政学リスクの高まりも意識された。

21日投開票の参院選では与党の自民、公明両党が改選過半数の63議席を上回り、憲法改正に前向きな「改憲勢力」は非改選議席とあわせて国会発議に必要な3分の2を割り込んだ。市場では予想された結果との受け止めが多いものの、安倍晋三首相は消費増税時の経済対策を検討する姿勢を示しており「政権基盤の安定化や補正予算への期待が一定の買い安心感につながっている」(藍沢証券の三井郁男・投資顧問部ファンドマネージャー)との声も聞かれた。

約1兆2000億円で豪ビール最大手を買収すると発表したアサヒが売られた。ファストリダイキンが下落したほか、テルモオリンパスなど精密機器株が安い。一方、ソフトバンクグループ(SBG)が高い。東エレクアドテストなど半導体関連株も上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。