2018年7月16日(月)

7/16 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,516,053億円
  • 東証2部 98,545億円
  • ジャスダック 104,440億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.31倍 --
株価収益率14.47倍14.93倍
株式益回り6.90%6.69%
配当利回り1.67% 1.71%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,597.35 +409.39
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,600 +390

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反発、円安きっかけに短期筋が買い戻し

2018/7/12 9:36
保存
共有
印刷
その他

 12日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。前日に比べ170円ほど高い2万2100円前後で推移している。外国為替市場で円相場が1ドル=112円台前半まで円安方向に振れ、輸出採算が改善するとの期待が高まったのをきっかけに株価指数先物への買い戻しが広がり現物株指数を押し上げた。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も反発している。

 11日の米ダウ工業株30種平均は前日比219ドル安で終えた。前日の東京市場ではトランプ米政権が中国に対する2000億ドル分の追加措置案を公表して日経平均が大幅安となっていたため、市場では「米株式相場が下げ渋ったことも安心感につながった。前日に日経平均先物を売っていた短期筋が買い戻しに動いている」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の三浦誠一投資ストラテジスト)との声が聞かれた。

 もっとも、米中貿易摩擦への警戒は拭えず、医薬品株や食料品株といった景気に業績が左右されにくいとされるディフェンシブ株や内需株への買いが目立つ。円が対ドルで約半年ぶりの安値圏で推移しているものの、輸出関連株の見直し買いはトヨタなど一部の銘柄にとどまっている。

 ソフトバンクエーザイ大日本住友が高い。一方、任天堂東エレク村田製が安い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

新着記事一覧

読まれたコラム