2018年9月26日(水)

9/26 16:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  4. 4位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続
  5. 5位: 東証後場寄り 上げ幅拡大、2万4000円に接近 上海株高も追い風
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 大幅続伸 米株高を好感、上げ幅500円近くに

2018/3/12 9:27
保存
共有
印刷
その他

 12日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸し、2万1900円前後での推移となっている。上げ幅は500円近くに達している。9日発表の2月の米雇用統計は、雇用者数が市場予想を大幅に上回った一方、賃金上昇のペースが鈍った。米金利上昇への警戒感が後退し、同日の米株式相場が大幅に上昇した。東京市場でもこの流れを引き継ぎ、投資家心理の改善を映した買いが幅広い銘柄に先行している。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸した。

 外国為替市場で円相場が1ドル=107円近くまで下落し、機械や電機、自動車などの輸出関連株への買いに弾みを付けている。市場では「これまで売り越してきた海外投資家が買い戻している」(国内証券のアナリスト)との声があった。

 財務省が12日、学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書に関する調査結果を与党や国会に報告するとの報道が出ているが、現時点で政局の混乱などを懸念した売りは特に目立っていない。

 半導体製造装置の増産報道を手掛かりに東エレクが高い。監視カメラの生産部門売却が伝わったパナソニックは上昇した。第一生命HD三菱UFJなどの金融株も買われた。エーザイクボタファナックも上げた。一方、積ハウスユニチャームが下落している。住友大阪カプコンヤクルトも安い。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム