時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,466,761億円
  • 東証2部 76,452億円
  • ジャスダック 99,035億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.03倍15.92倍
株式益回り6.65%6.28%
配当利回り1.91% 1.92%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,379.40 +163.69
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,360 +200

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

1月29日(水)14:21

楽天会長 送料無料化「何が何でも成功させる」[映像あり]

英ファンドが帝繊維に株主提案 増配などを要求

1月29日(水)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、上げ幅100円に迫る 好業績銘柄に買い

2017/5/2 9:31
保存
共有
印刷
その他

2日朝の東京株式市場で日経平均株価は続伸している。一時前日比91円高の1万9401円53銭まで上昇した。外国為替相場が1ドル=111円90銭台と円安基調にあり、投資家心理が強気に傾いた。好業績銘柄を中心に買いが先行した。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

1日発表の3月の米個人消費支出(PCE)や4月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数は市場予想を下回った。米国経済の伸び鈍化が意識されるものの6月利上げの見方は根強く、為替は円安基調を維持している。もっとも「5日発表の4月の米雇用統計の結果を確認するまで為替相場の方向性は判断できず、日本株も上値を追う買いは控えられる」(岡三証券の小川佳紀シニアストラテジスト)との声もあった。

18年3月期の営業利益が増加する見通しの京セラヤマハの上げが目立つ。大林組住友不三井不も高い。いすゞSUBARUマツダといった自動車株が買われた。一方、17年3月期が最終赤字になったと発表したJディスプレは安い。ヤマトHD東エレクも下落した。ソニーやSMCも安い。日東電パナソニックも下落した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム