6/2 1:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ債、世界で13兆円規模 10カ国が国債で費用調達[有料会員限定]
  2. 2位: 「安心買い」集まる東京市場、年初来高値のオプション取引も[有料会員限定]
  3. 3位: 日経平均終値、2万2000円台回復 約3カ月ぶり
  4. 4位: ペッパーフード、食材仕入れ先社長から20億円借り入れ
  5. 5位: NYダウ続落で始まる 抗議デモ拡大、経済再開に不透明感
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,987,661億円
  • 東証2部 65,047億円
  • ジャスダック 91,764億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率18.77倍24.69倍
株式益回り5.32%4.04%
配当利回り2.05% 1.27%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,062.39 +184.50
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,120 +310

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 下げ幅一時400円超 パンデミック警戒で全面安

2020/3/12 9:28
保存
共有
印刷
その他

12日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、一時は2営業日ぶりに心理的な節目の1万9000円を割り込んだ。下げ幅は400円を超える場面があった。世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明した。経済活動の停滞がさらに深刻化するとの懸念から銀行や海運、不動産を中心にほぼ全面安の展開だ。米政府が打ち出した景気刺激策の実現性が不透明だとの見方から前日の米株が急落。最高値からの下落率が20%を超え、「弱気相場」入りしたことも投資家心理を冷やしている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も安い。

商船三井川崎汽の下げが目立つ。菱地所東急不HDも安い。4月上旬まで東京ディズニーリゾートの休業期間を延長すると発表したOLCも下落。一方、前田道が上昇し、中外薬日通が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム