時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,573,787億円
  • 東証2部 57,840億円
  • ジャスダック 76,537億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.05倍 --
株価収益率13.25倍14.32倍
株式益回り7.54%6.98%
配当利回り2.26% 2.26%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 19,389.43 +724.83
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
19,080 +720

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 朝安後上げる 円安支え、自動車など高い

2020/2/21 9:29
保存
共有
印刷
その他

21日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は朝安後、上げに転じている。堅調な米国景気などを手掛かりに、外国為替市場で円相場が1ドル=112円台まで下落しており、輸出関連株などに買いの勢いが増している。低調な内容が目立った2019年4~12月期決算や新型肺炎の感染拡大を受けて足元で高まっていた国内輸出企業の業績懸念が、円安進行によって急速に和らぎ、見直し買いが広がっている。

朝方の日経平均は安く始まった。新型コロナウイルスによる肺炎の終息時期が見通せない中、中国など世界景気の下押し要因になるとの見方から、前日の米欧株式市場では主要株価指数が下落した流れを引き継いだ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は続伸している。

ソフトバンクグループ(SBG)や中外薬ダイキンが高い。アドテスト信越化トヨタも上昇している。半面、ファストリリクルート、ヤマハが安い。テルモセコムキッコマンも下落している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム