時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,921,476億円
  • 東証2部 67,671億円
  • ジャスダック 90,263億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率18.66倍20.61倍
株式益回り5.35%4.85%
配当利回り2.09% 1.62%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,306.48 +160.52
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,280 +100

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

ソニー系、Facebookへの広告出稿を停止 [映像あり]

米ビザ制限、日系企業1400人超に影響 赴任に支障

2020年7月3日

イナゴの大群の心理学 [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 大川 智宏

2020年7月2日

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 小幅続伸、米株高と円安で 短観悪化で上値重い

2020/7/1 9:36
保存
共有
印刷
その他

1日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸し、前日に比べ20円ほど高い2万2300円近辺で推移している。米経済の回復を示唆する経済指標の発表を受け、前日の米株式市場で主要3指数がそろって上昇。円相場が1ドル=108円台に下落していることもあり、買いが優勢となっている。ただ、新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒がくすぶり、上値は重い。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は小幅に下落している。

日銀が発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)では、大企業製造業判断指数(DI)が11年ぶり低水準となった。国内景気への懸念が根強く、上値の重さが目立つ。一方、先行きの改善見通しを好感する声もある。野村証券の若生寿一エクイティ・マーケット・ストラテジストは「4~6月期が景況感の底になることが確認されたことは好材料だ」と話していた。

ソフトバンクグループ東エレクファストリなど日経平均への寄与度が高い銘柄が上昇。任天堂ソニーも高い。一方、JTリクルート富士通三井不が売られている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム