2019年6月19日(水)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,831,071億円
  • 東証2部 70,246億円
  • ジャスダック 85,843億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.67倍13.24倍
株式益回り7.31%7.55%
配当利回り2.11% 2.12%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,350.70 +377.99
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,280 +370

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 一時100円高 GDP好感 不動産や銀行に買い

2019/5/20 9:26
保存
共有
印刷
その他

20日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前週末に比べ100円程度高い2万1350円前後で推移している。上げ幅は一時約180円に達した。内閣府が寄り付き前に発表した1~3月期の国内総生産(GDP)速報値は市場予想に反してプラス成長となった。外国為替市場でやや円安・ドル高も進行しており、好感した買いが優勢となっている。不動産や銀行が高い。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

1~3月期の実質GDPは、年率換算で前期比2.1%増となった。市場予想は0.3%減。住宅投資が伸び、設備投資の下振れも限定的だった。ただ、市場では「追加的な経済対策や消費増税の先送りへの期待という株価を浮揚させる材料は後退してしまった」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)との声も聞かれた。

ファストリソフトバンクグループ(SBG)、テルモが高い。ダイキンや武田、住友不も堅調だ。一方、東エレクソニー安川電が安い。第一三共エーザイリクルートも軟調に推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム