/

東証寄り付き 反落で始まる 米株安が重荷、重要イベント見極め

10日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落で始まり、前日に比べ50円ほど安い2万3300円台後半で推移している。前日の米ダウ工業株30種平均が下落したことが相場の重荷となっている。一方、円相場は1ドル=108円台半ばと前日17時時点と比べほぼ横ばいで推移しているほか、先高観を背景にした押し目買い意欲も強く、下値を探る動きは限られている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も小反落で始まった。業種別では石油石炭製品や輸送用機器、海運業などが下落。医薬品や建設業、不動産業などが上昇している。

11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や15日の米国による対中制裁関税「第4弾」の全面発動期限など、重要イベントがこの先相次ぐことから、見送りムードも強い。

SUMCO東エレクTDKが下落。トヨタスズキが軟調に推移し、JXTGや出光興産が安い。一方、ソニー東レが上昇。大林組が高く、花王第一三共が堅調となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン