1/28 7:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,476,078億円
  • 東証2部 77,254億円
  • ジャスダック 100,353億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.24倍 --
株価収益率15.05倍15.94倍
株式益回り6.64%6.27%
配当利回り1.91% 1.91%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,343.51 -483.67
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,310 -490

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月27日(月)14:19

新型肺炎拡大で日経平均急落 GDP押し下げ試算も[映像あり]

官房長官 新型肺炎で国内観光業への対策検討

1月27日(月)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 反落で始まる 米株安が重荷、重要イベント見極め

2019/12/10 9:21
保存
共有
印刷
その他

10日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反落で始まり、前日に比べ50円ほど安い2万3300円台後半で推移している。前日の米ダウ工業株30種平均が下落したことが相場の重荷となっている。一方、円相場は1ドル=108円台半ばと前日17時時点と比べほぼ横ばいで推移しているほか、先高観を背景にした押し目買い意欲も強く、下値を探る動きは限られている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も小反落で始まった。業種別では石油石炭製品や輸送用機器、海運業などが下落。医薬品や建設業、不動産業などが上昇している。

11日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や15日の米国による対中制裁関税「第4弾」の全面発動期限など、重要イベントがこの先相次ぐことから、見送りムードも強い。

SUMCO東エレクTDKが下落。トヨタスズキが軟調に推移し、JXTGや出光興産が安い。一方、ソニー東レが上昇。大林組が高く、花王第一三共が堅調となっている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム