時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,514,798億円
  • 東証2部 74,714億円
  • ジャスダック 98,297億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.15倍15.91倍
株式益回り6.59%6.28%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 上げに転じる、米中交渉の楽観的な見方で

2019/11/20 9:29
保存
共有
印刷
その他

20日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった後、上げに転じた。前日終値の2万3292円近辺で推移している。米議会上院が19日、香港での人権尊重や民主主義を支援する「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決したと伝わった。米中対立が激しくなるとの警戒感が意識され、売りが先行した。もっとも米国のロス商務長官が米中貿易交渉に対して楽観的な見方を示したと伝わると、買いが優勢になり日経平均は上昇する場面もあった。

米中貿易協議の先行き不透明感から米長期金利が低下し、外国為替市場で円高・ドル安が進行し相場の重荷になっている。JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は下げている。

ファミマやダイキン、トヨタが下落している。ロシアが原油の減産に消極的と伝わって原油先物相場が大きく下げたのを受け、出光興産や国際石開帝石が売られている。第一生命HDや商船三井が安い。半面、大日本住友が大幅高。エーザイや住友鉱、楽天が上昇している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム