/

東証寄り付き 反発、一時100円超高 FOMC受け買い安心感

30日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発し、前日に比べ80円ほど高い2万2400円台後半で推移している。上げ幅は一時100円を超えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長による米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見を受け、強力な金融緩和策が長く続き株式市場を支えるとの見方が強まった。米主要株価指数がそろって上昇した流れを引き継ぎ、日本株は買いが先行している。

パウエル議長は6月以降の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて景気回復ペースが鈍化したとの認識を表明した。近い将来の追加的な金融緩和策も示唆した。中央銀行による経済下支えが長期間継続するとの安心感から買いが広がっている。

もっとも、国内では新型コロナの懸念が根強い。29日に全国で確認された新型コロナの新規感染者は同日午後10時時点で1237人と初めて1000人の大台を超えた。感染拡大に歯止めがかからず、景気回復の遅れへの懸念が上値を抑えている。市場予想を下回る内容が目立つ国内企業の決算発表への警戒感も重荷だ。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)は反発。業種別のTOPIXは輸送用機器、情報・通信業などが高い。

野村エムスリーは市場予想を上回る好決算を受けて買われている。スズキ日電産ソフトバンクGも高い。半面、花王三越伊勢丹など、振るわない決算や見通しを示した銘柄には売りが目立つ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン