時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,192,384億円
  • 東証2部 68,283億円
  • ジャスダック 94,588億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.52倍23.99倍
株式益回り5.12%4.16%
配当利回り2.01% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 続伸、政策期待で買い 上げ幅一時100円超 富士フイルムは大幅安

2020/5/20 9:40
保存
共有
印刷
その他

20日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前日に比べ80円ほど高い2万0500円前後で推移している。経済活動の再開に向けた欧米各国の政策対応への期待感から、買いが優勢となっている。上げ幅は一時、100円を超えた。

ムニューシン米財務長官は19日の米議会で、5000億ドルの景気支援策について「雇用を維持することが最大の目的」と強調した。欧州ではイタリアやスペインなど感染被害が甚大な南欧を支援するための基金を設立することで、ドイツとフランスが合意した。

内閣府が取引時間前に発表した3月の機械受注統計で、「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整済み)は前月比0.4%減の8547億円だった。市場予想は7.0%減で、設備投資の動向は予想よりも悪化の度合いが小さいのではとの見方も買い安心感につながっている。

米バイオ製薬モデルナが開発中の新型コロナウイルスのワクチンを巡り、試験データが不十分と報じられるなど、ワクチンへの期待感はやや後退。国内でも治療薬として期待されている「アビガン」について、有効性を判断するにはさらなる検証が必要と相次ぎ報じられたこともあり、売り材料となっている。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸している。

グループ戦略の見直しを発表したソニーは下落。一方、同社が完全子会社化するソニーFHは買われている。

日揮HDIHIが高い。大和ハウス積ハウスも上昇している。半面、アビガン関連として富士フイルムデンカが大幅安。T&DHD東京海上も下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム