2018年12月18日(火)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,013,961億円
  • 東証2部 78,345億円
  • ジャスダック 89,598億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.18倍 --
株価収益率13.33倍13.45倍
株式益回り7.49%7.43%
配当利回り1.86% 1.94%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,506.88 +132.05
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,450 +150

[PR]

国内株概況

東証寄り付き 上げ幅200円超、米株高を好感 日産自が高い

2018/7/10 9:35
保存
共有
印刷
その他

10日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は続伸して始まった。一時2万2200円台後半まで水準を切り上げ、前日比の上昇幅は200円を超えた。9日の米株式相場が上昇し、投資家心理が好転。ソフトバンクファナックといった主力株中心に買いが先行した。1ドル=110円台後半まで円安・ドル高が進んだのも輸出関連株の買いにつながった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も続伸して始まった。

9日は米ダウ工業株30種平均が大きく上げ、約3週ぶりの高値を付けた。今週後半から本格化する主要企業の決算発表を前に金融株が上昇。航空機のボーイングなどの上げが目立った。米中双方から貿易摩擦の深刻化につながる発言が出ていないのも安心感につながり、東京市場では銀行のほか、自動車や機械など輸出関連株の見直し買いを誘った。

9日に排出ガスデータの検査で測定値を改ざんしていたと発表した日産自は、前日午後に下げていたこともあり反発。東エレク資生堂が買われた。一方、連日で買われていたエーザイは売りが優勢だ。大日本住友中外薬など医薬品株の一角が下げている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム