/

この記事は会員限定です

株価指数先物・オプション大引け 先物は反落、コール下落

[有料会員限定]

18日の大阪取引所で日経平均先物9月物は3営業日ぶりに反落し、清算値は前週末比130円(0.64%)安の1万9980円だった。外国為替市場で円相場が上昇し、企業業績の重荷となる円高を警戒した売りが優勢となった。日中取引の売買高は3万4570枚だった。

ミニ日経平均先物9月物の終値は130円(0.64%)安の1万9980円だった。売買高は36万5493枚だった。

TOPIX先物9月物は3営業日ぶり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン