2019年8月20日(火)

8/20 21:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,677.22 +114.06
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,660 +80

[PR]

為替概況

外為17時 円、上昇 米利下げ観測で 対ユーロは下落

2019/7/19 17:31
保存
共有
印刷
その他

19日の東京外国為替市場で円相場は上昇した。17時時点は1ドル=107円65~66銭と、前日の同時点に比べ11銭の円高・ドル安だった。18日の米連邦準備理事会(FRB)高官らの発言をきっかけに米国での大幅利下げの観測が再び強まり、日米の金利差縮小を意識した円買いが先行した。ただ、日本時間19日朝方にニューヨーク連銀から、大幅な米利下げ観測を後退させる内容のコメントが伝わると、円は伸び悩んだ。

国内輸入企業による円売り・ドル買いや、日経平均株価の上昇に歩調を合わせた円売りも、円の上値を抑えた。9~17時の円の高値は1ドル=107円34銭近辺、安値は1ドル=107円71銭近辺で、値幅は37銭程度だった。

円は対ユーロでは下落した。17時時点は1ユーロ=121円26~27銭と、同16銭の円安・ユーロ高だった。日経平均株価の上昇を背景に投資家が運用リスクをとりやすくなるとの見方が広がり、円売り・ユーロ買いにつながった。

ユーロは対ドルで上昇した。17時時点は1ユーロ=1.1264~1.1265ドルと同0.0026ドルのユーロ高・ドル安だった。米利下げ観測が再浮上したことで、ユーロに対してもドルが売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。