最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,827.18 +31.74
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,800 +50

[PR]

為替概況

外為17時 円、反落し109円台前半 米金利上昇でドル買い

2019/11/8 17:17
保存
共有
印刷
その他

8日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=109円25~26銭と、前日の同時点に比べ30銭の円安・ドル高だった。米中関係の改善期待から米長期金利の上昇傾向が強まっており、日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢だった。日経平均株価の上昇が円売りを促した面もある。一時は109円41銭近辺まで下げた。

ただ、国内輸出企業の円買いが入り、円は次第に下げ幅を縮小した。米国のナバロ大統領補佐官が「(中国との)関税撤廃に合意していない」との認識を示したと伝わったことも円の支えとなった。

円は対ユーロでも反落した。17時時点は1ユーロ=120円73~74銭と、前日17時時点に比べ7銭の円安・ユーロ高だった。対ドルの円安と日経平均の上昇が円売り・ユーロ買いを促した。

ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1049~50ドルと同0.0026ドルのユーロ安・ドル高だった。米金利の上昇傾向を受け、ユーロに対してもドルが買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム