7/12 13:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

為替概況

外為17時 円、反発し107円台前半 主要通貨に対するドル売りで

2020/4/27 17:24
保存
共有
印刷
その他

27日の東京外国為替市場で、円相場は4営業日ぶりに反発した。17時時点では前週末の同時点に比べ47銭の円高・ドル安の1ドル=107円22~23銭で推移している。日米で株式相場が上昇した。投資家のリスク回避姿勢は和らぐとの見方から円やユーロに対してドルを売る動きが活発となり、円は一時107円05銭近辺まで上昇した。

日銀は27日開いた金融政策決定会合で追加の金融緩和策を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に対応した特別オペ(公開市場操作)で利用する金融機関の日銀当座預金に付利を付けることが好感され、日経平均が500円あまり上昇。このところ投資家がリスク回避姿勢を強める場面で資金需要の高まりからドル高となっていたため「株高を好感して円など主要通貨に対するドル売りが強まった」(国内銀行)という。

日銀は追加緩和策の一環として、国債保有残高の増加額で「年80兆円」とするメドを撤廃し、上限を設けず買い入れる方針を示した。黒田東彦総裁は記者会見で「必要なだけいくらでも買うとの姿勢をはっきりさせた」などと述べたが、外為市場で材料視する動きは限られた。

9~17時時点の円の安値は107円62銭近辺で、値幅は57銭程度だった。

円は対ユーロで反落した。17時時点では同55銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=116円21~23銭で推移している。

ユーロは対ドルで3営業日ぶりに反発した。17時時点は同0.0098ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.0838~39ドルで推移している。株高を受けて投資家のリスク回避姿勢が和らぎ、ユーロに対してもドルを売る動きが優勢だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム