4/6 5:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,820.19 +1.47
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,680 -180

[PR]

為替概況

外為17時 円、小幅続落し109円台後半 対ユーロは6営業日ぶり小反落

2020/2/17 17:21
保存
共有
印刷
その他

17日の東京外国為替市場で円相場は小幅に続落した。17時時点は1ドル=109円86~87銭と、前週末14日の同時点に比べ8銭の円安・ドル高だった。中国が新型肺炎の感染拡大を背景に、景気対策を積極化させるとの期待から中国・上海や香港の株式相場が堅調に推移し、「低リスク通貨」とされる円を売る動きが出た。

半面、内閣府が朝方に発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値が大きく落ち込み、日経平均株価が大きく下げた場面では歩調を合わせた円買い・ドル売りも入った。9~17時の円の安値は109円86銭近辺、高値は109円72銭近辺で、値幅は14銭程度だった。

円は対ユーロで小幅ながら6営業日ぶりに反落した。17時時点は1ユーロ=119円08~10銭と、前週末の同時点に比べ8銭の円安・ユーロ高だった。対ドルの値動きとおおむね足並みをそろえた。

ユーロは対ドルで横ばい圏で推移した。17時時点は1ユーロ=1.0839~40ドルと同0.0001ドルのユーロ安・ドル高だった。17日は米市場がプレジデントデーの祝日で休みとあって、持ち高を一方向に傾ける動きは限られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム