2018年4月21日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,162.24 -28.94
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,160 -40

[PR]

為替概況

外為17時 円、反発 日米首脳会談前に買い優勢

2018/4/16 17:46
保存
共有
印刷
その他

 16日の東京外国為替市場で円相場は反発した。17時時点は1ドル=107円20~23銭と、前週末同時点に比べ44銭の円高・ドル安だった。17~18日の日米首脳会談で米国が円安けん制姿勢を示す可能性などを意識した円買いが優勢だった。安倍晋三内閣の支持率低下で、安倍首相の経済政策「アベノミクス」の先行きに不透明感が広がったのも、円買い材料となった。

 10時前の中値決済ではドルが不足したもようで、国内輸入企業による円売り・ドル買いが相場の上値を抑える場面もあった。米英仏3カ国によるシリア攻撃に伴う中東情勢の緊迫化を警戒した円買い・ドル売りは限られた。

 9~17時の円の高値は107円13銭、安値は107円52銭で値幅は39銭程度だった。円は対ユーロでも反発した。17時時点は1ユーロ=132円48~51銭と、同35銭の円高・ユーロ安だった。

 ユーロは対ドルで反発した。17時時点は1ユーロ=1.2356~59ドルと同0.0016ドルのユーロ高・ドル安だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム