9/27 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,204.62 +116.80
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,030 +110

[PR]

為替概況

外為17時 円、続伸し105円台後半 対ユーロは6日続落

2020/8/6 17:21
保存
共有
印刷
その他

6日の東京外国為替市場で円相場は小幅に続伸した。17時時点は1ドル=105円64~65銭と前日の同時点に比べ3銭の円高・ドル安だった。5日発表の7月のADP全米雇用リポートで非農業部門の雇用者数が市場予想を下回り、米国の雇用情勢悪化への懸念から円買い・ドル売りが入った。6日の日経平均株価の下落も円相場を支えた。

国内輸入企業の実需の円売り・ドル買いが出て円は伸び悩む場面もあった。9~17時の円の高値は105円40銭近辺、安値は105円64銭近辺で値幅は24銭程度だった。

円は対ユーロで6日続落した。17時時点は1ユーロ=125円07~08銭と、前日の同時点に比べ17銭の円安・ユーロ高だった。一時は125円58銭近辺と約1年3カ月ぶりのユーロ高水準となった。

ユーロは対ドルで3日続伸し、17時時点は1ユーロ=1.1839~40ドルと、前日の同時点と比べ0.0019ドルのユーロ高・ドル安だった。一時は1.1916ドル近辺と約2年3カ月ぶりのユーロ高水準となった。米景気の先行き懸念から、主要国通貨に対してドル売りが広がった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム