2018年5月24日(木)

5/24 15:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,437.01 -252.73
日経平均先物(円)
大取,18/06月 ※
22,410 -310

[PR]

為替概況

外為17時 円続落、一時110円台 日米金利差の拡大で

2018/5/15 17:30
保存
共有
印刷
その他

 15日の東京外国為替市場で円相場は続落した。17時時点は1ドル=109円87~90銭と、前日の同時点に比べ37銭の円安・ドル高だった。15時半ごろに一時、10日以来の安値である1ドル=110円02銭付近まで下落した。米長期金利が節目の3%台に上昇し、日米金利差の拡大を意識した円売り・ドル買いが優勢だった。

 15日の日経平均株価が下落し、投資家の運用リスクをとる姿勢の後退は「低リスク通貨」とされる円への買いを誘った面もあった。15日は事業法人の決済が集まる5・10日(ごとおび)にあたり、10時前の中値決済に向けては国内企業から売り買い注文が交錯した。9~17時の円の高値は109円67銭で値幅は33銭程度だった。

 円は対ユーロで反発した。17時時点は1ユーロ=130円98銭~131円01銭と、18銭の円高・ユーロ安だった。ユーロは対ドルでは4営業日ぶりに反落した。17時時点は1ユーロ=1.1919~23ドルと0.0059ドルのユーロ安・ドル高だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム