2019年5月24日(金)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,117.22 -33.92
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,100 ±0

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

5月24日(金)14:20

アマゾンジャパン ファーウェイ製品の直販停止[映像あり]

野村 情報漏洩問題で15時から記者会見

5月24日(金)13:00

[PR]

為替概況

外為17時 円、3日続伸 株軟調でリスク回避、対ユーロで続伸

2019/4/24 17:29
保存
共有
印刷
その他

24日の東京外国為替市場で円相場は3日続伸した。17時時点は1ドル=111円81~83銭と、前日の同時点に比べ3銭の円高・ドル安だった。日本や他のアジアの株式相場がおおむね軟調に推移し、投資家がリスク回避の姿勢をやや強めた。対ユーロなどを中心に円が買われ、円高・ドル安に波及した。日本時間24日の時間外取引で米長期金利に低下圧力がかかり、日米金利差の縮小を意識した円買い・ドル売りにつながったという。

午前は国内輸入企業の円売り・ドル買いなどで円は下げる場面があった。10時30分にオーストラリア(豪)統計局が発表した1~3月期の消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、豪準備銀行(中央銀行)の目標も大きく下回った。市場で「近い将来の利下げがあり得る」(メガバンク)との見方が広がり、豪ドルが円や米ドルに対して急落した。米ドルの買いが勝る場面では、円売り・ドル買いにも波及した。

9~17時の円の高値は1ドル=111円75銭近辺、安値は1ドル=111円98銭近辺で、値幅は23銭程度だった。

円は対ユーロで続伸した。17時時点は1ユーロ=125円27銭近辺と、前日17時時点に比べ49銭の円高・ユーロ安だった。

ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1200~02ドルと同0.0044ドルのユーロ安・ドル高だった。豪ドル売り・米ドル買いを受け、ユーロもドルに対して売られた。

17時に発表された4月のドイツIfo企業景況感指数が市場予想に届かず、ユーロは発表後に一時1.12ドルを割り込んだ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム