2018年10月16日(火)

10/16 19:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 強気すぎたファンド勢 相場の不安定化招く[有料会員限定]
  2. 2位: アップル株高にもうひとつの理由 借金巧者に高評価[有料会員限定]
  3. 3位: TKP社長、大塚家具へ追加出資を否定 「事業提携で支援」[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 反発で高値引け 短期戻り狙いの買い
  5. 5位: ワタンコさんのハイブリッド運用(投信ブロガー)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,549.24 +277.94
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
22,420 +230

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

みずほ証券 三浦 豊

10月16日(火)14:19

9月の訪日客 5年8ヵ月ぶりに減少[映像あり]

世界の海外直接投資が前年比4割減 18年上期

10月16日(火)13:05

[PR]

為替概況

外為17時 円、3日続伸 一時106円後半に上昇 株安で買い優勢

2018/2/14 17:48
保存
共有
印刷
その他

14日の東京外国為替市場で円相場は3日続伸した。17時時点は1ドル=107円39~42銭と、前日の同時点に比べ36銭の円高・ドル安だった。13時20分頃には一時、106円84銭と2016年11月以来、約1年3カ月ぶりの円高・ドル安水準を付けた。

日経平均株価の下落で、投資家のリスク回避姿勢が再び強まり「低リスク通貨」とされる円の買いが広がった。日本時間14日夜に1月の米消費者物価指数(CPI)の発表を控え、米国のインフレが加速するとの思惑から米長期金利のさらなる上昇を警戒した円買いも入った。10時前の中値決済に向けては国内輸入企業の円売りが出たが、一時的だった。

夕方に欧州の主要株式市場が上昇して始まると、円を売ってドルを買い戻す動きが出て、円は上昇幅を縮めた。9~17時の円の安値は107円91銭近辺で、値幅は1円07銭程度だった。

円は対ユーロで7営業日ぶりに反落した。17時時点は1ユーロ=132円87~90銭と、同16銭の円安・ユーロ高だった。

ユーロは対ドルで3日続伸した。17時時点は1ユーロ=1.2371~74ドルと同0.0055ドルのユーロ高・ドル安だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム