2019年1月23日(水)

外為17時 円、4日続伸 112円台前半 対ユーロは4日続伸

2016/2/24 17:18
保存
共有
印刷
その他

24日の東京外国為替市場で円相場は4日続伸した。17時時点では1ドル=112円05~07銭と、前日の17時時点と比べて8銭の円高・ドル安で推移している。23日の米株安や原油安、24日の日経平均株価の下落を受けて投資家のリスク回避姿勢が強まり、「低リスク通貨」とされる円を買いドルを売る動きが優勢だった。日経平均株価が下げ幅を拡大する場面で一段と円買い・ドル売りが膨らみ、13時30分すぎに一時111円63銭近辺と12日以来、およそ2週間ぶりの高値を付けた。

円は前日比で下落に転じる場面もあった。日本時間夕方、日銀の黒田東彦総裁が衆院財務金融委員会で「量・質の両面で追加緩和も選択肢に入る」との考えを示した。日銀による追加緩和の思惑が広がったほか、このところ円高・ドル安が進んでいた反動もあって円売り・ドル買いが出た。

9~17時の円の安値は112円26銭近辺で値幅(高値と安値の差)は63銭だった。

円は対ユーロで4日続伸した。17時時点では1ユーロ=123円24~27銭と前日の17時時点と比べて52銭の円高・ユーロ安で推移した。一時123円04銭近辺と2013年4月4日以来、およそ2年10カ月ぶりの高値を付けた。株安などを背景に、対ユーロでもリスクを回避する目的の円買いが優勢だった。

ユーロは対ドルで5日続落した。17時時点では1ユーロ=1.0997~1000ドル近辺と同0.0040ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報