2018年8月19日(日)

8/19 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「孤客」消費が止まらない[有料会員限定]
  2. 2位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  3. 3位: 中国国有企業、ROE10年で半分 規模拡大も質伴わず[有料会員限定]
  4. 4位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]
  5. 5位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

為替概況

外為17時 円、3日続落 米長期金利の上昇で

2018/6/13 17:28
保存
共有
印刷
その他

 13日の東京外国為替市場で円相場は3日続落した。17時時点は1ドル=110円63~64銭と前日同時点に比べ32銭の円安・ドル高だった。12日の米長期金利が上昇し、日米の金利差拡大を見込んだ円売り・ドル買いが優勢になった。13日の日経平均株価が続伸したのも円売りを促した。

 午後になると13日に明らかになる米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとの雰囲気が強まり、円相場の動きは小幅にとどまった。9~17時の円の安値は110円69銭、高値は110円37銭で値幅は32銭程度だった。

 円は対ユーロで3日ぶりに反発した。17時時点は1ユーロ=129円95~98銭と同14銭の円高・ユーロ安だった。ユーロは対ドルで続落した。17時時点は1ユーロ=1.1747~48ドルと同0.0046ドルのユーロ安・ドル高だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム