2018年12月13日(木)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,602.75 +454.73
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,660 +530

[PR]

為替概況

外為17時 円、反落 17時すぎに107円台に下落

2018/3/13 17:24
保存
共有
印刷
その他

13日の東京外国為替市場で円相場は反落した。17時時点は1ドル=106円95~98銭と、前日の同時点に比べ38銭の円安・ドル高だった。日経平均株価が4日続伸したことで、市場参加者のリスク選好姿勢が回復。円を売ってドルを買う動きが広がった。10時前の中値決済でドルが不足したことから国内輸入企業の円売り・ドル買いが膨らんだことも、円相場を押し下げた。欧州勢が市場に参加する17時すぎには、円相場は一時1ドル=107円02銭付近まで水準を切り下げた。

半面、12日の米シカゴ市場での日経平均先物の下落が13日の日本株安につながるとの思惑から朝方は円買いが優勢だった。9時ごろには1ドル=106円25銭付近まで上げ幅を広げたものの、日経平均株価の上昇に歩調を合わせて円売り・ドル買いが優勢となり、前日比で下落に転じた。

9~17時の円の値幅は74銭程度だった。

円は対ユーロで続落した。17時時点は1ユーロ=131円75~78銭と、同27銭の円安・ユーロ高だった。

ユーロは対ドルで反落した。17時時点は1ユーロ=1.2317~20ドルと同0.0020ドルのユーロ安・ドル高だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム