最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 17,818.72 -246.69
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
17,860 +40

[PR]

為替概況

外為14時 円、108円台半ばで膠着 米CPIの発表待ち

2019/6/12 14:21
保存
共有
印刷
その他

12日午後の東京外国為替市場で円相場は膠着している。14時時点は1ドル=108円48~49銭と前日17時時点に比べ12銭の円高・ドル安で推移している。日本時間今夜に5月の米消費者物価指数(CPI)の発表や、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の講演を控える。東京市場では目立った材料がないため、「欧米市場の反応待ちの空気が濃い」(国内信託銀行の為替担当者)という。

米CPIの市場予想は前年同月比1.9%上昇と、前の月(2.0%)から鈍化する見通しだ。「物価の伸び悩みを織り込んで米金利は12日の時間外取引で上がりにくくなっており、ドルは上値の重さが意識されている」という。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム