/

外為14時 円、105円台前半に上昇 トランプ大統領の新型コロナ陽性で

2日午後の東京外国為替市場で円相場は上昇に転じている。14時過ぎには1ドル=105円30銭近辺まで上昇した。トランプ米大統領が自身のツイッターで新型コロナウイルス検査で陽性だったと表明したことで、日経平均株価など主要株価指数が下落、「低リスク通貨」とされる円は買い優勢となっている。14時時点では1ドル=105円54~55銭と前日17時時点に比べ1銭の円安・ドル高だったが、その後上昇に転じた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません