最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 26,433.62 -211.09
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
26,460 -170

[PR]

為替概況

外為12時 円、下落し105円台前半 日米株高で

2020/10/19 12:26
保存
共有
印刷
その他

19日午前の東京外国為替市場で円相場は下落した。12時時点は前週末17時時点に比べ8銭の円安・ドル高の1ドル=105円38~39銭で推移している。前週末に米ダウ工業株30種平均が上昇して終えたほか、19日の東京市場で日経平均株価が堅調に推移し、投資家が運用リスクをとる動きを強めるなか、「低リスク通貨」とされる円が売られた。

米現地時間18日には、大統領選前の追加経済対策の合意について米議会で野党・民主党のペロシ下院議長が今週火曜日まで48時間の期限を設けたと伝わった。米追加経済対策の早期成立期待が再び高まり、円安・ドル高を後押しした。一方、10時前の中値決済では国内輸出企業による円買い・ドル売りがあったとの観測も聞かれ、下値は限られた。

9~12時の円の高値は105円36銭近辺、安値は105円50銭近辺で、値幅は14銭程度だった。

円は対ユーロで下落している。12時時点は同8銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=123円44~45銭だった。ユーロは対ドルで下落し、12時時点は同0.0002ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1713~14ドルだった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム