最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,977.13 -354.81
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,880 -440

[PR]

為替概況

外為12時 円、下落し105円台半ば 対ユーロも下落

2020/9/25 12:35
保存
共有
印刷
その他

25日午前の東京外国為替市場で、円相場は下落した。12時時点は1ドル=105円46~47銭と前日17時時点と比べて16銭の円安・ドル高だった。米国での雇用回復の鈍化への懸念から、手元流動性を確保するためにドルを現金で保有したい投資家が増え、円売り・ドル買いが優勢だった。

きょうは事業会社の決済が集中しやすい「5・10日(ごとおび)」にあたり、週末とあって国内輸入企業による円売り・ドル買いも出やすかった。10時前には105円56銭近辺まで下げ幅を拡大した。

もっとも、投資家のリスク回避姿勢が強まっていることで円もドルと同様に買われやすく、売り一巡後は下げ渋った。9~12時の円の高値は105円44銭近辺で値幅は12銭だった。

円は対ユーロでも下落した。12時時点は1ユーロ=123円04~05銭と、同18銭の円安・ユーロ高だった。前日まで欧州景気の先行き懸念からユーロが売られており、持ち高調整でのユーロ買いが入った。ユーロの対ドル相場は横ばいだった。12時時点は1ユーロ=1.1666~67ドルと前日17時時点と同じ水準だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム