2019年2月19日(火)

2/19 6:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: オリエンタルランド、「新幹線」に迫る「ミッキー」[有料会員限定]
  2. 2位: 株価大幅反発も市場に高揚感なし チャートが映す弱気[有料会員限定]
  3. 3位: 「ドル建て」日本国債に資金、海外勢の買い拡大[有料会員限定]
  4. 4位: サンドラッグ、増益の大記録を止めた3つの壁[有料会員限定]
  5. 5位: 孫氏がかけた「保険」の意味(一目均衡)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.85 +381.22
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 +400

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

為替概況

外為12時 円、続落し112円台半ば 国内輸入企業の売りと株高で

2018/7/13 12:19
保存
共有
印刷
その他

13日午前の東京外国為替市場で円相場は続落した。12時時点は前日17時時点に比べ26銭円安・ドル高の1ドル=112円59~60銭だった。9時30分すぎに112円77銭近辺と半年ぶりの安値を付けた。中値決済に絡む国内輸入企業の円売りが膨らんだほか、日経平均株価の上昇に連動した円売り・ドル買いが優勢となった。

中国で日本時間正午すぎに6月の貿易収支が発表された。黒字幅は市場予想を上回ったもようだが、外為市場の反応は今のところ薄い。

9~12時の円の高値は1ドル=112円58銭近辺で、値幅(安値と高値の差)は19銭程度だった。

円は対ユーロでも続落した。12時時点は同14銭円安・ユーロ高の1ユーロ=131円39~40銭だった。

ユーロは対ドルで続落した。12時時点は同0.0016ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.1668~69ドルだった。米経済の相対的な強さを意識したユーロ売り・ドル買いが出た。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム