最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,303.32 +161.77
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,340 +220

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

11月15日(金)14:19

メルカリ 100ヵ国以上で越境販売 BEENOSと提携[映像あり]

習主席 香港警察を「強く支持」 抗議活動を非難

11月15日(金)13:04

[PR]

為替概況

外為12時 円が上昇、108円台半ば 対ユーロは下落

2019/10/21 12:29
保存
共有
印刷
その他

21日午前の東京外国為替市場で円相場は上昇した。12時時点は1ドル=108円49銭近辺と前週末17時時点に比べ15銭の円高・ドル安だった。中国の景気減速への懸念から円買い・ドル売りが優勢だった18日のニューヨーク市場の影響が残っている。米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長が18日に「景気拡大を支えるため適切に行動する」などと発言したのをきっかけに米国の10月追加利下げ観測が強まったのも円買いを誘っている。

もっとも円の上値は限定的だった。国内輸入企業から10時の中値決済に向けて円売り・ドル買いが出た。9~12時の円の高値は108円38銭近辺、安値は108円51銭近辺で値幅は13銭程度だった。

円は対ユーロでは下落した。12時時点は1ユーロ=121円04~05銭と同20銭の円安・ユーロ高だった。英国の欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」回避の期待で、ユーロが買われた。ユーロは対ドルでも上昇し、12時時点では1ユーロ=1.1156~57ドルと同0.0033ドルのユーロ高・ドル安だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム