最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,884.29 -61.21
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,870 -80

[PR]

為替概況

外為12時 円、111円台前半に続落 株高連動と輸入企業の売り

2019/4/1 12:17
保存
共有
印刷
その他

1日午前の東京外国為替市場で円相場は続落した。12時時点は前週末17時時点に比べ38銭円安・ドル高の1ドル=111円12銭近辺だった。11時すぎに111円19銭近辺と3月20日以来の安値を付けた。日経平均株価の急伸と足並みをそろえた円売りが出た。国内輸入企業の円売りが相場を押し下げた。

中国で日本時間10時45分に発表の3月の財新製造業購買担当者景気指数(PMI)は前月比で0.9ポイント上昇し、昨年7月以来の高水準だった。中国経済と関係の深いオーストラリア(豪)ドルに対して円売りが出ると、対米ドルに波及した。111円ちょうど前後では損失覚悟の円売り・ドル買いも出たようだ。

日銀が朝方発表した3月調査の企業短期経済観測調査(短観)で大企業・製造業の業況判断指数(DI)は市場予想を下回った。一方、設備投資計画は予想以上だった。市場では「日銀は現行の金融緩和政策を粘り強く続ける姿勢を示しており、今回の短観がすぐに影響を及ぼすことはないだろう」(マネーパートナーズの武市佳史氏)との声が多かった。

平成にかわる新元号が「令和」(れいわ)になると決まったことへの反応は特にみられていない。

円は対ユーロでも続落した。12時時点は同44銭円安・ユーロ高の1ユーロ=124円80~81銭だった。日経平均の上昇が対ユーロでも円売りにつながった。

ユーロは対ドルでほぼ横ばいとなっている。12時時点は同0.0001ドルユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1231~32ドルだった。前週末の米長期金利の上昇を受けてユーロ売り・ドル買いが先行したものの、対円でユーロが買われると対ドルでもユーロの下値は堅くなった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム