7/14 15:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  2. 2位: 東エレク3万円、アドテスト7000円 みえた株価の「壁」[有料会員限定]
  3. 3位: 富士通ゼ、20年来の「守り」脱却 2大投資・還元最高に[有料会員限定]
  4. 4位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
  5. 5位: 日経平均が反落、終値197円安の2万2587円

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,587.01 -197.73
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,570 -140

[PR]

為替概況

外為10時 円、売り増える 一時107円90銭近く、株一段高で

2020/5/26 10:29
保存
共有
印刷
その他

26日午前の東京外国為替市場で円売り・ドル買いが増えた。10時時点は1ドル=107円75~76銭と前日17時時点に比べ1銭の円安・ドル高だったが、その後107円87銭近辺まで下げ幅を広げた。26日の日経平均株価が一段高となり、それに歩調を合わせた円売りが出た。10時前の中値決済に向けては「国内輸入企業による円売り・ドル買いが優勢だった」(国内銀行の為替担当者)との声があった。

円は対ユーロでも下げ幅を広げた。10時時点は1ユーロ=117円56~58銭と同38銭の円安・ユーロ高だった。対ドルでの円売りが、対ユーロにも波及している。ドイツの経済指標の改善をきっかけに欧州経済への懸念が和らいでいるのも、ユーロ買いを誘っている。

ユーロは対ドルでも上げ幅を広げている。10時時点は1ユーロ=1.0910~11ドルと同0.0034ドルのユーロ高・ドル安だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム