2019年8月25日(日)

8/25 8:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,710.91 +82.90
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,720 +100

[PR]

為替概況

外為10時 円、上げ幅縮小 113円台後半に

2016/12/5 10:19
保存
共有
印刷
その他

5日午前の東京外国為替市場で円相場は対ドルで上げ幅を縮小している。10時時点は1ドル=113円71~74銭と前週末17時時点に比べ22銭の円高・ドル安だった。イタリアの改憲を巡る国民投票の結果判明の前にいったん強まった円買いの勢いが鈍ってきた。対ユーロでの円買いとドル買いの圧力の綱引きとなっている。7時10分前後に一時1ドル=112円87銭近辺まで上昇していた円相場は、2日のニューヨーク市場の終値に比べると円安・ドル高となっている。

10時前の中値決済に向けては「事業法人の決済が集まりやすい5・10日(ごとおび)に当たり、国内輸入企業の円売り・ドル買いが出たようだ」(国内銀行)との声があった。

円は対ユーロで上げ幅を縮小した。10時時点では1ユーロ=120円08~13銭と同1円50銭の円高・ユーロ安水準で推移している。対円や対ドルでのユーロ売りの勢いがやや弱まった。

ユーロは対ドルで下げ幅をやや縮めた。8時20分ごろに一時1ユーロ=1.0505ドル近辺と2015年3月16日以来の安値水準を付けた。10時時点では1ユーロ=1.0557~60ドルと同0.0112ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。