2018年6月23日(土)

6/22 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: もう1つの「現金は王様」 株相場、波乱に備え[有料会員限定]
  2. 2位: 破綻した日本海洋掘削の市川社長「市況読み誤った」
  3. 3位: ワールドが再上場 MBOから13年、経営再建にメド[有料会員限定]
  4. 4位: 東証大引け 反落、米景気に警戒感 13週平均が下支え
  5. 5位: 弱気相場入りした上海株 貿易摩擦懸念、IPO熱気冷め[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,516.83 -176.21
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,460 -140

[PR]

為替概況

外為10時 円、小幅高に転じる 112円台前半、中値決済「需給に偏りなし」

2017/10/13 10:25
保存
共有
印刷
その他

 13日午前の東京外国為替市場で円相場は小幅高に転じた。10時時点では1ドル=112円20~23銭と前日17時時点に比べ2銭の円高・ドル安水準で推移している。朝方に小幅安で始まった後、9時30分前後には112円17銭近辺まで上昇した。米金利の先高観が後退しており、日米の金利差縮小を意識した円買い・ドル売りが入った。

 10時前の中値決済に向けては「国内輸出企業による円買い・ドル売りが入っているようだが、ドル需要に目立った偏りは見られない」(国内銀行)との観測が聞かれた。

 円は対ユーロでやや伸び悩んだ。10時時点では1ユーロ=132円88~91銭と同29銭の円高・ユーロ安水準で推移している。対ドルでユーロが下げ幅を縮小すると、円買い・ユーロ売りの圧力もやや弱まった。

 ユーロは対ドルで下げ渋った。10時時点では1ユーロ=1.1842~45ドルと同0.0025ドルのユーロ安・ドル高水準で推移している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

新着記事一覧

読まれたコラム