最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,821.48 +71.24
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,790 +70

[PR]

為替概況

外為10時 円、小動き 一時上昇の場面も 中値は「ドル余剰」の声

2020/7/13 10:32
保存
共有
印刷
その他

13日午前の東京外国為替市場で円相場は小動き。10時時点は前週末17時時点に比べ1銭の円安・ドル高の1ドル=106円85銭近辺で推移している。10時時点では持ち高調整の売りが優勢だったが、ほどなく円相場は一時上昇に転じるなど方向感を欠く動きとなっている。日経平均株価が300円を超えて上昇するなど、投資家心理が強気に傾くなか、リスク選好時に売られやすいドルが主要通貨に対して下落し、対ドルの円相場はやや強含んだ。

10時前の中値決済に向けては「ややドルが余剰だった」(国内銀行の為替担当者)との声が聞かれ、国内輸出企業による円買い・ドル売りも相場を支えた。

円は対ユーロで下落している。10時時点では同37銭の円安・ユーロ高の1ユーロ=120円88~90銭で推移している。

ユーロは対ドルで上昇している。10時時点では同0.0035ドルのユーロ高・ドル安の1ユーロ=1.1314~15ドルで推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム