6/1 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ債、世界で13兆円規模 10カ国が国債で費用調達[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均終値、2万2000円台回復 約3カ月ぶり
  3. 3位: 日経平均2万2000円回復、ファストリ株に透ける「二番底」派…[有料会員限定]
  4. 4位: 「安心買い」集まる東京市場、年初来高値のオプション取引も[有料会員限定]
  5. 5位: ペッパーフード、食材仕入れ先社長から20億円借り入れ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,062.39 +184.50
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,120 +310

[PR]

為替概況

外為10時 円、下げ渋り108円近辺 米株先物が下落

2020/4/3 10:31
保存
共有
印刷
その他

3日午前の東京外国為替市場で円相場は下げ渋っている。10時時点は前日17時時点に比べ76銭の円安・ドル高の1ドル=108円04~05銭で推移している。原油高や米株高を受けて進んでいた円売り・ドル買いが一巡。米株価指数先物が日本時間3日の時間外取引で下落しており、「低リスク通貨」とされる円の下値が堅くなった。

きょうは事業会社の決済が集中しやすい実質的な「5・10日」(ごとおび)に当たり、国内輸入企業の円売り・ドル買いが入った。10時前の中値決済については「ややドルが不足していた」(国内銀行の為替担当者)との声があった。

円の対ユーロ相場は横ばい圏で始まった後、強含んだ。10時時点では同13銭の円高・ユーロ安の1ユーロ=117円15~18銭で推移している。ユーロは対ドルで軟調。10時時点では同0.0090ドルのユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0842~44ドルで推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム