/

外為10時 円、高値圏で推移 一時111円台後半に上げ幅拡大

12日午前の東京外国為替市場で円相場は高値圏で推移している。10時時点では1ドル=112円37~40銭と前営業日の10日17時時点に比べ2円51銭の円高・ドル安水準だった。9時15分ごろに111円88銭近辺まで上げ幅を拡大する場面があった。日経平均株価が一時1万5000円を割り込むなど一段安となっている流れに歩調を合わせ、円買い・ドル売りの勢いが強まった。投資家が運用リスクを取りにくくなり、相対的にリスクの低い通貨とされる円が買われやすくなっている。

10時前の中値決済については「ドル・円の需給に大きな偏りはみられない」(国内銀行)との指摘があった。国内企業など実需勢は「相場の動きが荒いため、様子見姿勢を強めている」(同)という。

麻生太郎副総理・財務・金融相は10時前、為替介入について「コメントすることはない」と述べた。為替政策は「必要に応じて適切に対応していく」と話したが、相場の反応は限られた。

円は対ユーロで上げ幅を拡大している。10時時点では1ユーロ=127円10銭~14銭と2円48銭の円高・ユーロ安で推移している。対ドルでの円高が対ユーロにも波及した。

ユーロは対ドルで高値圏での小動き。10時時点では1ユーロ=1.1309~12ドル近辺と同0.0030ドルのユーロ高・ドル安水準で推移している。ユーロを対ドルで買い戻す動きが入った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン