最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,143.54 -176.33
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,120 -180

[PR]

為替概況

外為8時30分 円、反発し108円台半ば 対ユーロは続落

2019/10/18 8:53
保存
共有
印刷
その他

18日早朝の東京外国為替市場で円相場は反発して始まった。8時30分時点では1ドル=108円57~58銭と、前日17時時点に比べ26銭の円高・ドル安水準で推移している。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る懸念が和らぎドルが英ポンドやユーロに対して売られたうえ、米国の景気減速を意識した円買い・ドル売りが入った海外市場の流れを引き継いだ。

8時30分に総務省が発表した9月の全国消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.3%上昇した。市場予想と同程度だったため、現時点で円相場への影響は目立っていない。

円はユーロに対して続落して始まった。8時30分時点では1ユーロ=120円77銭~80銭と、同22銭の円安・ユーロ高水準で推移している。英国のEU離脱問題で、ジョンソン英首相とEUが17日に新しい離脱案で合意した。英国が「合意なき離脱」に追い込まれるとの懸念が後退して円売り・ユーロ買いが優勢になった。

ユーロの対ドル相場は続伸して始まった。8時30分時点では1ユーロ=1.1124~25ドルと、同0.0047ドルのユーロ高・ドル安水準で推移している。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム